ロマ書(161)すべてのひとの神

それとも、神はユダヤ人だけの神でしょうか。異邦人の神でもないのですか。そうです。異邦人の神でもあります。実に、神は唯一だからです。この神は、割礼のある者を信仰のゆえに義とし、割礼のない者をも信仰によって義としてくださるのです。(3:29-30)

  唯一の神への信仰は、すべての人が認め、すべての人が尊び、すべての人が、そこから愛を汲み取ることができる神様を信じる信仰です。だからこそ、イエス様は「すべて造られた者に宣べ伝よ」と言われ、「すべての国民をわたしの弟子にしなさい」と言われました。そのために、「地の果てまで、あなたがたを遣わす」と言われました。
 
あなたがたの上に聖霊が降ると、あなたがたは力を受ける。そして、エルサレムばかりでなく、ユダヤとサマリアの全土で、また、地の果てに至るまで、わたしの証人となる。(『使徒言行録』第1章8節)

 《地の果て》とは、どこでしょうか。単純に「世界中」という意味にとることができます。しかし、空間だけではなく、時間的な果ても考慮しなくてはいけません。世界中に、そして終わりの日まで、あなたはイエス様の証し人として生きよ、という事です。

 はっきりさせなくてはならないのは、この「果て」は自分が区切るのではない、という点です。自分は、これでおしまいだ、ここまでだ、これ以上は無理だ、あの人だけは例外だ、と自分で自分の限界を作ってはいけないのです。自分の殻を越えて、私たちは神様によって、神様の僕として生かされるのです。

 神様は、ユダヤ人だけの神様ではない。サマリア人の神様でもあり、異邦人の神様でもある。私の神様であるだけではない、あの人の神様でもあり、この人の神様でもある。そのように、自分が定めた境界線を越えて行くことが、《地の果て》に向かうことです。唯一の神様を信じるとは、むしろ排他的な自分を乗り越えていく力、たとえば敵をも愛する力となっていくのです。

コメントの投稿

非公開コメント

日本基督教団 荒川教会

牧師 国府田祐人

Author:牧師 国府田祐人

リンク
最新記事
カテゴリ
最新コメント
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
FC2カウンター
QRコード
QR
グーバーウォーク
検索フォーム