ロマ書(158)新約聖書の一神教

それとも、神はユダヤ人だけの神でしょうか。異邦人の神でもないのですか。そうです。異邦人の神でもあります。実に、神は唯一だからです。この神は、割礼のある者を信仰のゆえに義とし、割礼のない者をも信仰によって義としてくださるのです。(3:29-30)

 新約聖書でも、偶像を否定することに変わりありません。それと共に、神様は唯一の神様だから、神様が与えてくださる救いの道も、この神様によるほかないのだという視点がはっきりとしてきます。その唯一の救いの道こそ、イエス様を信じる道であるというのです。

 『ヨハネによる福音書』第14章6節で、イエス様はこう言われています。

わたしは道であり、真理であり、命である。わたしを通らなければ、だれも父のもとに行くことができない。

 また、『使徒言行録』第4章12節には、ペトロの口によって、こう語られています。

ほかのだれによっても、救いは得られません。わたしたちが救われるべき名は、天下にこの名のほか、人間には与えられていないのです。

 神様が与えてくださった救いの道は、イエス様によって救われるほかないのだ、といわれます。そして、その意味は、ユダヤ人であろうが、異邦人であろうが、どんな人であっても、イエス様を信じれば救われるということだと、『ローマの信徒への手紙』は語るのです。割礼のあるユダヤ人であろうと、割礼のない異邦人だろうと、神様が与えてくださったイエス様を信じることによって救われる。神様は唯一であるとは、救いの道が唯一であるということである、という意味なのです。

コメントの投稿

非公開コメント

日本基督教団 荒川教会

牧師 国府田祐人

Author:牧師 国府田祐人

リンク
最新記事
カテゴリ
最新コメント
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
FC2カウンター
QRコード
QR
グーバーウォーク
検索フォーム