ロマ書(157)旧約聖書の一神教

それとも、神はユダヤ人だけの神でしょうか。異邦人の神でもないのですか。そうです。異邦人の神でもあります。実に、神は唯一だからです。この神は、割礼のある者を信仰のゆえに義とし、割礼のない者をも信仰によって義としてくださるのです。(3:29-30)

 一神教とはいかなる信仰か、私たちはきちんと聖書に聞かねばなりません。すると、旧約聖書と新約聖書では、唯一の神様に対する信仰の姿勢が違っていることに気づきます。

 旧約聖書の唯一神への信仰は、偶像礼拝の禁止と結びついています。神様は天地万物の造り主であり、唯一の神様です。ほかに神様はいません。太陽も、石も、動物も、草木も、すべては被造物であって、神様ではありません。偶像とは、人間が造り出した想像上の神様を、神様として信じることです。

 人間が、神様を造り出すとは、金の小牛をつくって、これがあなたがたの神様だというようなことばかりではありません。有限なものに、無限の意味や究極的な価値を与えること、これが偶像礼拝です。生きるために大切なものはひとつとではありません。衣食住も大切です。お金も大切です。健康も大事です。仕事も大切です。家族も大切です。国家も大事です。しかし、そのようなものが、一時的に、価値を持ち、目的となることがあっても、究極的な目的となってはいけないのです。そうなってしまったら、そこからしか物事を考えられなくなる。そういう価値観、世界観に生きるようになる。それは間違った生き方です。虚構のうえに立つ価値観、世界観です。それが偶像礼拝です。

 偶像礼拝は、単に異教徒たちの信仰ではなく、私たちの生き方に関わることです。まことの神様を信じると言いながら、有限なものに、無限の価値を与えるような生き方をすれば、偶像礼拝です。旧約聖書は、そういう偶像礼拝を、かたく禁じます。そして、私たちの造り主であり、私たちの人生の主である、まことの神様を信じて生きることを求めるのです。

コメントの投稿

非公開コメント

日本基督教団 荒川教会

牧師 国府田祐人

Author:牧師 国府田祐人

リンク
最新記事
カテゴリ
最新コメント
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
QRコード
QR
グーバーウォーク
検索フォーム