ロマ書(155)自分を誇れない信仰

なぜなら、わたしたちは、人が義とされるのは律法の行いによるのではなく、信仰によると考えるからです。(3:28)

 ガリラヤ湖で漁をしていたペトロは、一匹も収穫がないまま港に戻りました。すると、イエス様は、「もう一度、沖に出て漁をしなさい」と、ペトロに言われます。ペトロは、こう答えました。《先生、わたしたちは、夜通し苦労しましたが、何もとれませんでした。しかし、お言葉ですから、網を降ろしてみましょう》(『ルカによる福音書』第5章5節)ペトロと仲間の漁師たちは、ダメ元で、沖に戻り、漁をします。すると、網がやぶれそうなほどの魚が捕れたというのです。

 どうせ、何もとれやしないという自分の確信や感情が、ペトロの心に溢れていました。そのままであったら、ペトロはイエス様のお言葉に従えなかったでありましょう。けれども、心にある自分の確信をなげ捨てて、《しかし、お言葉ですから、網を降ろしてみましょう》と言って、イエス様のお言葉に従う。これが信仰です。

 ペトロは、自分が御言葉に従ったことを誇りませんでした。むしろ、ペトロは、イエス様の足元にひ伏して《主よ、わたしから離れて下さい。わたしは罪深い者なのです》(同上、5章8節)といいました。まことの信仰は、自分を誇りません。むしろ、神の恵みの大きさに、打ち砕かれるのです。自分を無にして従ったという、自分の行いではなく、イエス様のしてくださったことの偉大さをたたえるのです。

 このような信仰こそ、《信仰の法則》にのっとった信仰です。信仰は、自分を誇ったり、ひとを裁いたりするためのものではなく、イエス様の救いを受け取り、その恵みに生きるためのものなのです。

コメントの投稿

非公開コメント

日本基督教団 荒川教会

牧師 国府田祐人

Author:牧師 国府田祐人

リンク
最新記事
カテゴリ
最新コメント
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2カウンター
QRコード
QR
グーバーウォーク
検索フォーム