ローマ(150)信仰は絵に描いた餅ではない

では、人の誇りはどこにあるのか。それは取り除かれました。どんな法則によってか。行いの法則によるのか。そうではない。信仰の法則によってです。(3:27)

 信仰は、ウィンドーショッピングではありません。聖書を読み、教会でお話を聞き、「まったくそのとおりだ。そのように生きることができたら、どんなに豊かな人生にあんるだろう」と納得し、あるいは感激さえしたとしても、それだけで終わったら、自分は何も変わりません。「絵に描かれた餅」と同じです。イエス様の救いは、そんなものではありません。私たちは、実際、イエス様の救いを自分のものにすることができます。その救いを生きることができるのです。

 イエス様の救われた命とは、どのような命であるか。救われた人は、どのような人間になるのでしょうか。それが、27~31節に語られていることです。一つは、《人の誇りは・・・それは取り除かれました。》(27節)ということです。もう一つは、《割礼のないものをも信仰によって義としてくださる》(30節)ということです。三つ目のことは、信仰は、《律法を確立する》(31節)ということです。

 イエス様がご自身の血によって成し遂げられた神の救いは、わたしたちの人間的な誇りを打ち砕きます。割礼あるものも、割礼なき者をも、等しく神の前に義とします。罪のゆえに神の栄光を表せなかった人間を、神の律法を全うする人間にします。そして、それはすべて、信仰によることなのです。信仰によって、イエス様の救いは、私たちのいのちとなるのです。信仰によって、自分ではなく、イエス様を主と仰ぎ、イエス様の命を生きる者になるのです。それが《信仰の法則》です。

コメントの投稿

非公開コメント

日本基督教団 荒川教会

牧師 国府田祐人

Author:牧師 国府田祐人

リンク
最新記事
カテゴリ
最新コメント
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
QRコード
QR
グーバーウォーク
検索フォーム