ロマ書(147)神の義が全うされることが救いである

このように神は忍耐してこられたが、今この時に義を示されたのは、御自分が正しい方であることを明らかにし、イエスを信じる者を義となさるためです。(3:26)
 幸せになろうと願うことは大事なことです。しかし、そのためには、何がなんでも、自分の思い通りにしようとする考えを、改める必要があります。自分の願いがことごとく実現することではなく、私たちを愛してくださる、神様の御心が、わたしたの人生のなかに実現することによって、私たちはほんとうの意味で幸せな者となるのです。

 もう一度、『ローマの信徒への手紙』第3章21~26節を、読み直してみたいと思います。神様は、新しいことを行われたと、御言葉は告げ知らせます。それは、律法を守ることによってではなく、イエス・キリストを信じる信仰によって、神の義が私たちに与えられるということです。

ところが今や、律法とは関係なく、しかも律法と預言者によって立証されて、神の義が示されました。すなわち、イエス・キリストを信じることにより、信じる者すべてに与えられる神の義です。(3:21)

 救いが与えられるとは語られていません。《神の義》が与えられると言われています。神の義が与えられるとは、神様の正しさが、私たちの人生に全うされることです。それこそが救いなのです。ともすると、私たちは、自分の都合のいいように救いを理解しようとします。苦難や重荷や、病気がなくなる、といったようにです。しかし、イエス様を信じても、苦しみはなくならないし、病気は治らないし、困難な状況はまったく変わらないし、すこし救われていないような気がすることがあります。聖書は、そんな楽観的な救いを約束してはいないのです。

コメントの投稿

非公開コメント

日本基督教団 荒川教会

牧師 国府田祐人

Author:牧師 国府田祐人

リンク
最新記事
カテゴリ
最新コメント
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
FC2カウンター
QRコード
QR
グーバーウォーク
検索フォーム