生涯の祈り

マリアはこれらの出来事をすべて心に納めて、思い巡らしていた。
『ルカによる福音書』2章19節

イエス様のお母様となされたマリアは、そのために悩んだり、胸を剣で刺し貫かれるような悲しみを経験しました。しかし、マリアはその一つ一つを黙って心に納めていたと言います。理解できないことも、割り切れない思いも、そのまま心に納めたのです。それが、マリアのあろうとした主のはしための生き方でした。天使ガブリエルに言った「お言葉どおりこの身になりますように」という言葉は、マリアの生涯の祈りだったのです。

コメントの投稿

非公開コメント

日本基督教団 荒川教会

牧師 国府田祐人

Author:牧師 国府田祐人

リンク
最新記事
カテゴリ
最新コメント
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2カウンター
QRコード
QR
グーバーウォーク
検索フォーム