お言葉どおりに

この卑しい女さえ、心にかけてくださいました。
『ルカによる福音書』1章48節

マリアは幸せの薄い、楽しみの少ない女性だったに違いありません。そうでなければ、どうして「お言葉どおりこの身になりますように」と言えたでしょうか。人間はどんなに貧しい者であっても、必ず守りたいもの、決して失いたくないものを心に持っているのです。しかし、彼女にはそれさえもありませんでした。たとえあったとしても、それを容易に捨てることが出来ました。その貧しさがあればこそ、「お言葉どおりこの身になりますように」と言って、彼女はイエス様を宿すことが出来たのです。

コメントの投稿

非公開コメント

日本基督教団 荒川教会

牧師 国府田祐人

Author:牧師 国府田祐人

リンク
最新記事
カテゴリ
最新コメント
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
FC2カウンター
QRコード
QR
グーバーウォーク
検索フォーム