ロマ書(152) 自己実現の方便としての宗教

では、人の誇りはどこにあるのか。それは取り除かれました。どんな法則によってか。行いの法則によるのか。そうではない。信仰の法則によってです。(3:27)
 世界的救済などといいながら、個人の内面的幸福感という矮小化された救いを求めているのは、テロリスト集団イスラム国と同じです。彼らは自分たちの世界を実現するために、自分と違う人々を悪とみなし、平気で殺してしまうのです。日本からイスラム国に入ろうとした若者もいました。彼はイスラム教徒ではなく、特別な思想信条があるのでもありませんでした。ただ、この日本に、自分の居場所がない。生きづらい。それだけの理由だったのに驚きましたが、それはオウム真理教のときも同じだったと思います。自分ひとりの幸せ、救いだけを追い求めている。その結果、救いといっても、社会からかけ離れたところで、自分一人の満足を楽しむことに過ぎなくなっているのです。別の言い方をすれば、信仰とか、神様も、自己保全や自己実現のための方便になってしまっています。

 イエス様は、こう言われました。

わたしについて来たい者は、自分を捨て、自分の十字架を背負って、わたしに従いなさい。自分の命を救いたいと思う者は、それを失うが、わたしのために命を失う者は、それを得る。

 信仰は、自己実現の方便ではありません。むしろ、それを捨てて、イエス様を中心に生きる。自分を主語にして、「わたしが、わたしが」という人生ではなく、イエス様を主語にして生きる。そうすれば、イエス様が、わたしのなかに生きてくださる。そこに、罪に囚われた自分からの解放があり、神の子として生きる救いがあるのです。これが信仰です。

ロマ書(151)矮小化された救い

では、人の誇りはどこにあるのか。それは取り除かれました。どんな法則によってか。行いの法則によるのか。そうではない。信仰の法則によってです。(3:27)
  オウム真理教による地下鉄サリン事件から20年以上経ちます。当時、オウム真理教のみならず、幸福の科学などオカルトめく宗教が次々と誕生し、若者たちのブームを引き起こしていた時期です。統一協会の霊感商法が社会問題として騒がれたのも、この頃でした。わたしは、これをバブル経済の発生と崩壊よる日本社会のひずみだと考えます。

 とくに影響を受けたのが、若者たちです。フォークソング的な四畳半アパートの若者たちのライフスタイルが終わり、大人の消費社会に巻き込まれていきます。スキーとか、サーフィンとか、ジュリアナ東京とか、格好はいいけど、軽薄化していくのです。他方で、流行に乗れない若者たちが出てきます。ある意味、真面目な若者たちです。しかし、高度成長期が生み出した厳しい学歴社会のなかで、個性が否定され、与えられたことをきちんとできることだけが求められてきた若者たちは、自分で考えることができない。そういう若者たちが、生きる拠り所を求めたのが、オカルトとか、疑似科学、スピリチャルといわれる新宗教だったのではないでしょうか。

 その特徴は、世界救済などと宣伝しながら、自分一人の内面ばかりを見つめる宗教だったということです。しかし、教団のなかで達成した幸福感は、教団のなかでしか通用しません。普通は、それはおかしいと思うのですが、マインドコントロールがあり、また自分で考える力を失った若者たちの弱さがあり、教団を離れたところで行き場がない現実があり、畢竟、教団を絶対化し、世の中を否定するという発想に陥ってしまうのです。彼らの世界救済とは、世界がそっくり自分たちの教団になることにほかなりませんでした。

ローマ(150)信仰は絵に描いた餅ではない

では、人の誇りはどこにあるのか。それは取り除かれました。どんな法則によってか。行いの法則によるのか。そうではない。信仰の法則によってです。(3:27)

 信仰は、ウィンドーショッピングではありません。聖書を読み、教会でお話を聞き、「まったくそのとおりだ。そのように生きることができたら、どんなに豊かな人生にあんるだろう」と納得し、あるいは感激さえしたとしても、それだけで終わったら、自分は何も変わりません。「絵に描かれた餅」と同じです。イエス様の救いは、そんなものではありません。私たちは、実際、イエス様の救いを自分のものにすることができます。その救いを生きることができるのです。

 イエス様の救われた命とは、どのような命であるか。救われた人は、どのような人間になるのでしょうか。それが、27~31節に語られていることです。一つは、《人の誇りは・・・それは取り除かれました。》(27節)ということです。もう一つは、《割礼のないものをも信仰によって義としてくださる》(30節)ということです。三つ目のことは、信仰は、《律法を確立する》(31節)ということです。

 イエス様がご自身の血によって成し遂げられた神の救いは、わたしたちの人間的な誇りを打ち砕きます。割礼あるものも、割礼なき者をも、等しく神の前に義とします。罪のゆえに神の栄光を表せなかった人間を、神の律法を全うする人間にします。そして、それはすべて、信仰によることなのです。信仰によって、イエス様の救いは、私たちのいのちとなるのです。信仰によって、自分ではなく、イエス様を主と仰ぎ、イエス様の命を生きる者になるのです。それが《信仰の法則》です。

ロマ書(149)イエス様がしてくださったことによって

このように神は忍耐してこられたが、今この時に義を示されたのは、御自分が正しい方であることを明らかにし、イエスを信じる者を義となさるためです。(3:26)
 イエス様が、ご自身を《罪を償う供え物》として捧げられた、もうひとつの目的は、イエス様を信じる私たちが、神の前に義とされるためです。私たちが、聖なる神の子、神の僕とされること、それが私たちの義です。わかりやすく言えば、何があっても、私たちは、神様がもっとも愛してくださる者となり、もっとも大切にしてくださる者となるということ、これが神の前に義とされるということなのです。

 このすべてを成し遂げるのは、律法を守ることによってではなく、割礼を受けることによってでもなく、ただイエス様の十字架の恵みであると、福音の中心が語られているのです。

 人生には、思いがけないことがさまざまにあり、ともするとそれに振り回され、怒ったり、泣いたり、恨んだり、呪ったりします。しかし、何があっても、どんな日でも、イエス様の十字架からわたしたちの救いが訪れます。イエス様は、神が神とされるために、そして私たちが神様の寵愛を受ける者とされるために、ご自身を捧げて下さったのでした。それならば、私たちが幸せでないはずがありましょうか。何があっても、そのすべてのことにおいて、神様は、自ら私たちの神である証しを立ててくださるのです。そして、私たちは、どんな日も、私たちに対する神様の愛を信じて、神様が自ら立ててくださる証しを仰ぐことができるのです。

ロマ書(148)十字架は神の義を示す

このように神は忍耐してこられたが、今この時に義を示されたのは、御自分が正しい方であることを明らかにし、イエスを信じる者を義となさるためです。(3:26)
 イエス様は、こう言われました。

 あなたがたには世で苦難がある。しかし、勇気を出しなさい。わたしは既に世に勝っている。
(『ヨハネによる福音書』第16章33節)

 救いとは、苦難がない人生ではなく、苦難に負けない人生、負けないどころかそれを糧にさえする人生を手に入れることです。それを手に入れるためには、罪人である私たちの罪が赦され、きよめられ、私たちが神様のものとされなければなりません。そして、神様の愛と力で支配された人生を生きる者とされなければなりません。それは、律法を守ることによってではなく、イエス様が成し遂げてくださった贖いの御業によるのです。

人は皆、罪を犯して神の栄光を受けられなくなっていますが、ただキリスト・イエスによる贖いの業を通して、神の恵みにより無償で義とされるのです。(3:23)

 キリスト・イエスによる贖いの業とは、イエス様がご自身を、神様と、人に、完全に捧げられたということです。

神はこのキリストを立て、その血によって信じる者のために罪を償う供え物となさいました。それは、今まで人が犯した罪を見逃して、神の義をお示しになるためです。(3:25)

 イエス様が、ご自身を《罪を償う供え物》として捧げられたのは、《神の義をお示しになるため》です。神が神とされるためです。神様がどんな時にも力ある方であり、私たちの希望であること、これが神が義とされることです。
日本基督教団 荒川教会

牧師 国府田祐人

Author:牧師 国府田祐人

リンク
最新記事
カテゴリ
最新コメント
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
FC2カウンター
QRコード
QR
グーバーウォーク
検索フォーム