報酬ではなく恵み

五時ごろに雇われた人たちが来て、一デナリオンずつ受け取った。最初に雇われた人たちが来て、もっと多くもらえるだろうと思っていた。しかし、彼らも一デナリオンずつであった。
『マタイによる福音書』第20章9-10節

朝からたくさん働いた人も1デナリオン、夕方5時に来て少し働いた人も1デナリオン。正しい報酬とは思えません。この譬話は、「罪の赦し」という神様からの贈り物は、決して報酬ではないことを物語っています。それは報酬以上のものです。正しさ以上のものです。正しさをもってではなく限りない愛をもって、報酬としてではなく溢れる恵みとして、神様はこの贈り物をお与えくださるのです。

ロマ書(125)トルストイの絶望

神はこのキリストを立て、その血によって信じる者のために罪を償う供え物となさいました。それは、今まで人が犯した罪を見逃して、神の義をお示しになるためです。(3:25)
 前回の続きです。トルストイは内向的で気弱なタイプだったといいます。しかし、自分の弱点を凝視し、それからの脱却を試みようとして四苦八苦し、イエス様を模範として生きるために血みどろの戦いをしました。そういう意味では、ほんとうに尊敬すべき人です。トルストイの非暴力主義は、ガンジーのインド独立運動に影響を与えました。また日露戦争の際に描いた反戦論文は、日本にも紹介され、社会主義者の幸徳秋水や、与謝野晶子の「君死に給うなかれ」などにも影響を与えました。

 しかし、トルストイは、晩年、こんな寂しいことを言っています。

私は長い事苦しい苦しい探求を続けた。安価な好奇心からではなく、またいい加減な気持ちからではなしに、一生懸命に探し求めた。臨終の人が霊の救いを求めるように昼夜の別なく、肉を削る思いで私は執拗に探し求めた--しかも私は何も見出すことができなかった。

 結局、「私は何も見いだすことができなかった」という、こんな悲劇はありません。私たちが信じているキリスト教信仰というものは、そんなものなのでしょうか。これについて、日本の旧約聖書神学の大家であられた浅野順一先生(1899~1981)が、大切なことを言っておられます。「トルストイは、福音書に書かれているところのイエスしか知らなかった。また、その福音書のイエスしか学ぼうとしなかった。そこに、彼が真剣になればなるほど助からない、彼の悲劇があった」(浅野順一、『時は縮まる』、創文社、89頁)、というのです。

罪の赦し

罪に対して死んだわたしたちが、どうして、なおも罪の中に生きることができるでしょう。
『ローマの信徒への手紙』第6章2節

世は、「罪を犯してはならない」と言います。神の律法も、「罪を犯してはならない」と語ります。しかし、福音は、「あなたは罪に対して死んだ」と言うのです。イエス様が、私たちのすべての罪をたずさえて、墓にまで降られたからです。私たちは、もはや罪の中に生きることができないのです。しかし、実際は、なお罪の中にいるのではないでしょうか。そうです。罪の中にありながら、しかし罪に向かってではなく、神に向かって生きているのです。それを信じることがゆるされているのです。ここに福音があります。

神の贈り物に気づいているか

わたしたちは皆、この方の満ちあふれる豊かさの中から、恵みの上に、更に恵みを受けた。
『ヨハネによる福音書』第1章16節

過ぎた日々を、失ったものばかりを思って、振り返る人もいます。そのような人は、来る日も来る日も、悲しみ続けることになるでしょう。御言葉は、《わたしたちは皆・・・受けた》と告げています。多くのことを失ってきたかもしれませんが、誰でもみな、神様の贈り物を、豊かに受けているのです。自分は、神様から何を受けているのか。それを静かに考えてみることが重要です。それを発見したとき、ほんとうに新しい日々を、感謝と喜びに満ちた日々を、生きることができるようになるのです。

イエス様との交わり

イエスは言われた。「はっきり言っておく。人の子の肉を食べ、その血を飲まなければ、あなたたちの内に命はない。
『ヨハネによる福音書』第6章53節

イエス様への信仰は、絵に描いた餅を眺めることではありません。食べることができ、飲むことができるものです。思想ではなく、経験です。論理ではなく、実質です。理想ではなく、現実です。イエス様は、ご自分を、まことの食べ物、まことの飲み物として、私たちにお与えになっております。イエス様は、私たちの日用の糧です。生活の副菜ではなく、主食です。それを受け取るためにこそ、私たちは礼拝を守り、御言葉を聞き、聖餐に与り、日々の祈りをもって始め、一日中を御教えに生きるよう努めるのです。
日本基督教団 荒川教会

牧師 国府田祐人

Author:牧師 国府田祐人

リンク
最新記事
カテゴリ
最新コメント
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
FC2カウンター
QRコード
QR
グーバーウォーク
検索フォーム