ロマ書(184)律法主義は支払いを求める

ところで、働く者に対する報酬は恵みではなく、当然支払われるべきものと見なされています。しかし、不信心な者を義とされる方を信じる人は、働きがなくても、その信仰が義と認められます。(4:4-5)

「あれをしてはならない」「これをしてはならない」という信仰が律法主義です。律法主義は、功績主義であると言ってもよいでしょう。功績主義は、ユダヤ人のみならず、どんな人間にもあります。よく仕事をした人とそうでない人、それによって評価が違ってくる。そのようなことが、私たちクリスチャンの間にもあるのではないでしょうか。荒川教会もそうですが、教会のなかには本当に素晴らしい信仰をもって、教会を支え、牧師を支え、兄弟姉妹を励ましておられる方がいます。そういう兄弟や姉妹を、心から尊敬し、模範とすることは、すこしも間違ったことではありません。大いに尊敬し、模範としていただきたいと思います。

 しかし、そういう兄弟姉妹は、実はそれを自分の働きを、自分の功績などとは少しも考えていません。恵みに溢れているから、感謝して捧げることを惜しまず、愛の労苦を厭わないのです。ですから、けっして自分の働きを誇りません。むしろ感謝し、神様のお陰として、神様を讃えるのです。そのような信仰を模範としなければなりません。

 良い行いをすれば、神様の愛や恵みをのではないのです。そもそも、そのような功績あるものに注がれるものは、愛や恵みと呼ぶいただけることすらもできません。では、何と呼ぶか。支払いです。

『ローマの信徒への手紙』第4章4節には、こう書かれています。

ところで、働く者に対する報酬は恵みではなく、当然支払われるべきものと見なされています。
.2.18)




律法主義は支払いを求める

自分を再発見する

天の国は力ずくで襲われており、激しく襲う者がそれを奪い取ろうとしている。
『マタイによる福音書』第11章12節

天の父が、あなたを形作られました。あなたを愛するためです。しかし、あなたはあなたでないものになろうとしているのではないでしょうか。その結果、ひとをうらやんだり、妬んだり、自分を裁き、否定しているのではないでしょうか。天の父は愛をもって、あなたをまたとなき存在、素晴らしい存在として形作りあげられたのです。それを力づくで変えようとすることは、神様への暴力であると気づいておられるでしょうか。あなたは自分を変える努力ではなく、自分を再発見する努力をすべきなのです。そして、神様をたたえる者になることが、あなたの幸せなのです。

ロマ書(183)福音を信じる難しさの理由

ところで、働く者に対する報酬は恵みではなく、当然支払われるべきものと見なされています。しかし、不信心な者を義とされる方を信じる人は、働きがなくても、その信仰が義と認められます。(4:4-5)

 『ローマの信徒へ手紙』第3章24節に、こう書いてありました。

ただキリスト・イエスによる贖いの業を通して、神の恵みにより無償で義とされるのです。

 《神の恵みにより無償で義とされる》とあります。罪がゆるされるためには、イエス・キリストの十字架を信じるだけでいい。何もしなくてもいい。ただ、十字架に表されている神様の愛を信じて受け入れればいいのです。

 ここに信仰の難しさがあります。あれをしなさい、これをしなさいと言われた方が、まだやさしいかもしれません。わたしの知っている方で、洗礼は受けいていませんが、熱心に求道中の男性がいました。娘が重い病気にかかり、なんとか神様の助けは欲しい彼は、自宅から教会までの数キロを徒歩で往復し、お百度参りをして祈りました。キリスト教信仰とはいえませんが、そこに父親としての愛情と祈りがあることをひしひしと感じました。しかし、これはけっして難しいことではありません。娘の命が救われるならば、百が二百だろうが、千だろうが、往復するでしょう。

 しかし、神様は、「何もする必要はない。ただ十字架を仰ぎ、そこに現されている神様の愛を信じなさい」と、おっしゃるのです。あまりにも簡単すぎる。ほんとうにそんなことではいいのか、と思ってしまう。だから、福音を信じることが難しいのです。救われるためには何かをしなくてはならないという考えを、徹底的に退けることが難しいのです。

うぬぼれてはならない

あなたがたの義が律法学者やファリサイ派の人々の義にまさっていなければ、あなたがたは決して天の国に入ることができない。
『マタイによる福音書』第5章20節

イエス様はあなたに「うぬぼれるな」と言っておられるのです。あなたが考える自分の正しさ、潔癖さ、善良さ、真面目さ、強さ・・・そんなものは都合の悪いことはぜんぶ隠したうえで、つまり臭いものに蓋をしたうえでの自己評価に過ぎません。神様の目はそんなあなたのうぬぼれなどお認めになれません。神様には自分を隠すことができないのです。だから、だれもイエス様が与えてくださる義を持たずして、神様の前に立つことはできません。うぬぼれた自己評価など依り頼まず、イエス様の十字架をこそ依り頼みもうではありませんか。

ロマ書(182)救いを受け取ることが信仰

ところで、働く者に対する報酬は恵みではなく、当然支払われるべきものと見なされています。しかし、不信心な者を義とされる方を信じる人は、働きがなくても、その信仰が義と認められます。(4:4-5)

 こんな状況を思い浮かべてください。大喧嘩のすえに友に大けがをさせてしまった。あなたは、自分の愚かさを深く後悔し、何日も苦しみ続け、勇気を出して謝罪と見舞いに行くことを決心します。ゆるしてもらうためではありません。二人の関係は、もう修復不可能だとわかっていました。それでも、謝罪しないではいられないのです。あなたは友に謝罪をしました。「ぼくはあなたに罪を犯した。何もなかったことなどにはできません。とても償えることではないけれども、君のためにできることは何でもします」すると、友から思いがけない言葉が返ってきました。「ぼくは君をゆるす。この事件はなかったことにしよう。僕と君は、何事もなかったように、これまでどおり親友だよ」。あなたは、自分の犯した罪の大きさを思えば思うほど、彼のゆるしを素直に受け入れることができません。

 しかし、事実、友人は彼をゆるしてくれているのです。それを受け取らないで、大切な友人を失い、自分で自分を責め続けることが、いちばん正しい道でしょうか。「ゆるす」という言葉を信じ、自分を責め続けることをやめ、ゆるされた大きな感謝をもって、もういちど友人との新たな関係を築くことこそ、あなたのなすべきことではないのでしょうか。それは、難しいことです。ゆるしてもらうのが難しいのではなく、そのゆるしを受け入れることが難しいのです。

 神様のゆるしも、これとまったく同じ事です。罪のゆるしという最大級の愛の贈り物を受け取るためには、それを受け取って、その恵みの感謝に生き、神様との新しく以前にもまして親密な関係を築いて生きるほかありません。それが信仰です。この信仰によって、神様のゆるしを受け取り、新しい神様との関係に生きる者とされる、これがクリスチャンなのです。

日本基督教団 荒川教会

牧師 国府田祐人

Author:牧師 国府田祐人

リンク
最新記事
カテゴリ
最新コメント
カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
FC2カウンター
QRコード
QR
グーバーウォーク
検索フォーム